日本の環境では、軽のキャンピングカーがいいかもしれません!

アメリカ製の映画を見ていると、よくキャンピングカーが登場します。
道も広く、国土も広大で、そのうえガソリンも安いとなれば、まさに
キャンピングカーの似合う環境だといえます。
対して、日本ではいかがでしょうか。
ガソリンもほとんどが輸入なので、
高いですし、狭い国土に狭い道で、大きなキャンピングカーが適しているとは
いえませんよね。
おまけに重量税や、保険など、他の先進国に類を見ない
高さですし、その上、厳しい車検まで定期的に存在していますからね。
しかし、キャンピングカーに魅力があるのも事実。
ですから、日本の環境に
合ったモノを利用するのがベストな選択となります。
それは、ズバリ、
軽のキャンピングカーです。
アメリカ製の外国製品と違い、関税も無いので
かなり安くなりますし、維持費も全て、大幅に削減する事が出来ます。
小さいので小回りも利きますし、まさに日本という国土に合致した走行性能を
兼ね備えていると言っても、過言ではありませんからね。